« 投稿(041~050) | トップページ | 投稿(061~070) »

2005.11.01

投稿(051~060)

051:泣きぼくろ
君に泣きぼくろがあったことなんて気付かなかった 嘘つきだから

052:螺旋
螺旋状に有刺鉄線巻きつけて危険な何かが守られている

053:髪
髪を切る 君と別れる 禁煙する どれも理由は曖昧だった

054:靴下
靴下とスニーカーに包まれて ペディキュア ミュール さよなら サンダル

055:ラーメン
真夜中に不意にラーメン食べたいと思うみたいに君に会いたい

056:松
松原を風と一緒に駆け抜けたこともあったね 覚えてますか?

057:制服
制服に反抗心を押しこんで着崩していた10代の頃

058:剣
君の持つ剣が飾りでないくらい知っていたけど忘れてたんだ

059:十字
十字路に差し掛かって横道を歩いてきたこと思い知った

060:影
太陽に背中を向けて影ばかり見てちゃダメだね 頭を打つよ

|

« 投稿(041~050) | トップページ | 投稿(061~070) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88236/7090230

この記事へのトラックバック一覧です: 投稿(051~060):

« 投稿(041~050) | トップページ | 投稿(061~070) »