« 過去ログ[24]より | トップページ | 002:色(題詠マラソン感想) »

2006.01.04

001:声(題詠マラソン2005感想)

> 落合葉
> 受話器越し二秒遅れの君の声僕はおはよう君はおやすみ

『二秒遅れ』に二人の離れた距離が感じられるけど
その分、『おはよう』と『おやすみ』がやさしくてあったかいです。

> 丸井真希
> 透明な君の声には手があって置いていっては私を掴む

『声には手があって』という発想がすごいと思った。
動かされちゃうんですよね。

> ぐみ
> 声無しで伝わる気持ちが欲しかった伝えられずに泣いたあの日も

伝えたい気持ちほど、わかりにくいものだったりします。

> ほそかわゆーすけ
> 声質がAmな女の子に目が奪われるE♭な俺。

『Am』と『E♭』って日常、思いつかない。

> 五十嵐正人
> サヨナラもアイシテイルを言うときも震えているは同じ声帯

同じ声帯なのに、全然違う声に聞こえるんだろう。

> 秋
> 「人間て、恋する機械なのね」って指でアポロを割る君の声

『恋する機械』が複雑で惹かれます。
繰り返しちゃうって事なんでしょうか? アポロを割るみたいに。

> 荻原裕幸
> それからは声だけがあなたのなかへ入つて春の雪を降らせた

どんな声なんだろう? と、考えさせられた一首。
静かに浸透してきて、はかなく消えてしまうような...

> かとうそのみ
> 夕ぐれにのまれた私に必要な声の取扱説明書

『声の取扱説明書』がグサッと刺さりました。
説明書には何と書かれているのだろうか?

> しらいし まさこ
> 声たてて笑ってみてよ。少しだけ空の景色が違う気がする。

想像しただけで、元気をもらえた一首。
近頃あまり笑ってなかったよ。

○o。。o○o。。

「あけましておめでとうございます」
去年のことは去年のうちにって思っていたんですが、だめでした。
今年は、去年より努力しようと思います。(既に逃げ腰)

過去ログ順にお持帰りしていた短歌ですが、お題ごとにしました。
出走時に、お題で検索して自分と同じ歌があるだろうかと
確認しながら投稿していたのですが、それがなかなか楽しくて
私にとってはログ順よりも読みやすいんです。
2006が始まるまでには、なんとか書ききりたい...
っていうか、今更感想なんて遅すぎですか?

|

« 過去ログ[24]より | トップページ | 002:色(題詠マラソン感想) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88236/7997496

この記事へのトラックバック一覧です: 001:声(題詠マラソン2005感想):

« 過去ログ[24]より | トップページ | 002:色(題詠マラソン感想) »