« 001:声(題詠マラソン2005感想) | トップページ

2006.01.12

002:色(題詠マラソン感想)

> 五十嵐きよみ
> 他者だけの世界の中へ踏み入れる足の爪から色づいてゆく

他者に染まるって、そんな感じなのかな。

> ケビン・スタイン
> おばあちゃん心配するから 語るのは原色だけで描いた話

『原色だけで描いた話』という表現がうまいと思った。
どんな話でも、おばあちゃんは心配するんだろうね。

> 上澄眠
> ヒトじゃなくカメラとかならよかったな思い出せないあの空の色

思い出せないならそのままでいいような気もする。
常に真実ばかりをとらえ続けるのもきっと辛いと思う。
そしてそれを記録し続けるのも。

> 足立尚彦
> 人類の明日をアクセサリーとして空は空色だったと思う

空の大きさが迫ってきます。

> 秋中弥典
> バーボンの揺らぐグラスの内側で色をなくした言葉を見つめ

情景が浮かびます。

> 新藤伊織
> 名前など関係なくてあなたから見える私は何色ですか

「本質を見てほしい」って感じることありますよね。

> 吉野楓子
> 何色が好きと聞かれてグレーとは答えられないグレーな部分

私は、グレーが好きですよ。ブラックの次に。

> 梢子
> 指先の色褪せにさえ気がつかずささくれた手でシーツ干す朝

妻でもなく、ママでもなく、母ってそうですね。

> 水島修
> 信号の色が変われば歩き出す何かを決意したかのように

信号待ちの時間って色々考えてしまうことがあります。
その待ち時間で決意が定まればいいのに。

> 小野伊都子
> 神様の絵の具は尽きることがない あなたの色も見つかるといい

励まされました。

> 桜井凛香
> サヨナラの夜の記憶は色がなくモノクロームの君の横顔

横顔を見るのが精一杯。

○o。。o○o。。

やる気を出したとたん、挙動不振ぎみだったLANが
すっかりへそをまげてしまいました。
ネットにつなげないって不便ですね。
色々試した末に、金属部分を綿棒でキュコキュコ磨くという
オーソドックスなことをしたら直りました。
LANジャックの接触不良だったみたいです。
それでも、いつまた壊れるかと思うとドキドキ
結構ネットに依存していたんだなぁと感じました。

|

« 001:声(題詠マラソン2005感想) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88236/8126377

この記事へのトラックバック一覧です: 002:色(題詠マラソン感想):

« 001:声(題詠マラソン2005感想) | トップページ